新型コロナが続いても安泰な職業・危機的な職業

ネットに『新型コロナが続いても安泰な職業・危機的な職業』

というのが書かれていてちょっと興味深かったです。

 

ド安定の筆頭として「公務員」が挙げられていました。

コロナで税収減っても給料減らないでしょうねw

さらに、今回の10万円給付も我先にと手続きすることでしょうw

NTTやJTも「国がバック」ということで安定候補になってますね。

 

危機的な職業はやはりイベント系のようです。

てか、もうリストラとかバンバン行われているようです。

(生活に直に必要とされてないからか、支援の動きが全然ないのは

ちょっと可哀想に感じる今日この頃ではありますが)

飲食店も閉店続出してますね。

アパレルも来シーズンまで売れないでしょうし

流行から外れたものは不良在庫になっちゃいます。

 

じゃあ、医療系は?

今大忙しで医療崩壊も叫ばれるくらい需要有りますが、

危険との隣り合わせっていう大きなリスクも伴うんですよね。

(彼らの給料もっと上げてあげてほしいです)

 

意外と厳しい状況になってるのがクリーニングのようです。

「冬物の服をクリーニングに出すのは不要不急の外出にあたるのかな?」

といった考えを持つ方は少なくないようです。

 

挙げていくとキリがないですが

ここ1、2年で経済活動が大きく変わっていくかもしれないです。

自分の能力の棚卸をして、転職あるいは副業で

別の収入減を確保していく道を模索していくことが大事かもしれないです。

 

コメントは受け付けていません。