サウナの正しい使い方

『ホンマでっかTV』でサウナの正しい使い方が解説されてました。

まず、サウナに置かれてる塩をいきなり肌に付けないこと。

 

塩が溶けると浸透圧で水分が体外へ出ていくので

一緒に古くなった皮脂が排出されるので塩のメリットは確かにあるんですが、

入ってすぐに塩を塗ってしまうと肌のバリアが削れて痛めてしまうそうです。

ポイントは汗を掻くまで待ち、塩をやさしくまぶすのがいいみたいです。

 

サウナと水風呂の繰り返しは逆効果だそうです。

人体にはかなりストレスを抱えてしまうんだとか。

サウナから上がったら5~10分くらい休憩してから水風呂に入るのがいいみたいです。

 

あと、サウナは髪にダメージを与えるそうです。

番組内ではその対策としてサウナハットが紹介されてました。

 

サウナの本場フィンランドでは普通にみんな被ってるようです。

 

ちなみに最大限の効果を得たいなら、体育座りがいいらしいです。

 

コメントは受け付けていません。